結婚ニートを抜け出せ

40歳を過ぎたのにもかかわらず、まだ結婚していないという人は、乱暴な言葉でいってしまうと「結婚ニート」です。

ニートの人が社会復帰をしようと思って就職活動を始めたとしても、給料が安いから、勤務先が家から離れているから、勤務時間がバラバラだから……なんてことを色々選んでいると、結局は就職先が決定しなかったというような話をよく耳にします。

結婚できない人もニートの人と同じようなものです。婚活を開始してみて、友人知人に誰かいい人を紹介してもらったとしても、こんな感じの女性と結婚すると自分の自由がなくなって窮屈そう、こんな男性と結婚したら気を毎日使わなければならなそうで疲れるだろうな……なんて感じで選り好みをしてしまい、全く決断できずにいる方が少なからずいます。理想の結婚のイメージにとらわれすぎると、結婚自体を遠ざけてしまうのです。

でも、ニートの人が決して就職したくないわけではないのと同じように、結婚ニートの人も決して結婚したくないというわけではないのです。「結婚はしたいのだけれど、なかなかいい人と出会えない」とズルズルと過ごしてしまう……という状態に陥ってしまう最大の原因は決断力にあります。

決断しないでズルズルと時間を過ごすのはハッキリ言ってムダ以外の何物でもありません。さらに無駄な時間を過ごせば過ごすほど、結婚できなくなってしまいます。これは結婚も就職も同じでしょう。

私は以前、株をしていたことがあるのですが、株で勝つために一番大切だったのは損切りです。どれだけ早く損を確定するかが、その後のフットワークに大きく影響してしまうのです。株で負けてしまう人は「今は下がっていても、いつか上がるだろう」と神様に祈っているうちに売るに売れない状況となり、「塩漬け」という最悪の状況に陥るのです。損切りにはなんと言っても瞬発力と勇気が大切だというのが、私の持論です。

結婚もこれとほとんど同じなのです。ズルズルと結婚しない無駄な時間を生き続けるのではなくて、「今だ!」と婚活を開始して、「この人!」と思える人と瞬時に決断して結婚してしまう思いきりがとても大切なものなのです。そんな風に婚活を始めるには婚活サービスをまとめて紹介しているサイトを参考にしてみるといいかもしれません。札幌 婚活

いいな! という最初の直感を持続させながら相手と交際を始めると、さまざまなプラス評価が積み重なっていきます。「この人、見た目はそれほどタイプじゃなかったけれど、性格がものすごく優しいんだな」とか、「派手に見えて最初は躊躇したけど、案外堅実なんだ」というようにプラスの評価が積み重なっていけば、スムーズに交際から結婚へと発展し、その後も幸せにやっていくケースが多いです。

そもそも40歳を過ぎるまで決断しなかった方には、「石橋を叩いて渡る」ではなく「石橋を叩いているだけ」というタイプが多いように感じます。そんな方が「いいな」と思えたのですから、まず、失敗することはないといってもいいでしょう。慎重に生きてきた方ほど、決断したときの結果はいいものになるのです。だから私は言うのです、40歳を過ぎてからの結婚は、ハズレがないと。

私は仕事柄、多くの婚活男女に会います。仕事をしていて感じるのは、女性はある程度条件が合えば、多少恋愛気分が盛り上かっていなくても結婚する傾向にあります。

しかし、男性の場合は条件云々よりも好きな人じゃないと結婚できないという傾向があります。もっと言てしまうと、男性は理想と現実のギャップを埋めることがかなり難しい生き物のように思えます。

実は、40代以上の婚活では、恋人を探す気分だと時間だけが過ぎていき、いつまでも結婚することができないことも往々にしてあります。私か声を大にして言いたいのは、婚活では40代にとって恋愛はコストでしかない! ということ。恋愛は言うなれば趣味みたいなものなのです。

恋愛経験のある方ならわかると思いますが、20代後半になってくると別れるのもしんどくなってきます。そのまま女性のリードに従うように結婚できたというのは、案外幸せなケースかもしれません。