月別: 2017年8月

25 8月

精神的に弱い男性との交際

女性にとって一番悩み苦しむのが、精神的に弱い男性との交際です。

無礼極まりない面倒くさがりやの男性と違って、このタイプは親切で優しいので、マメに連絡をしてきます。毎日のように連絡をくれる彼に女性は安心します。

ところが、ちょっとした感情のトラブルが発生すると、途端に連絡がつかなくなります。

女性にとっては、彼は何に傷ついたのか、何を考えているのか、今後どうすればいいのかまったく見当がつかず、どう扱っていいのかわからない相手となります。

最初にマメだった分、いきなり音信不通にされると、「なんで?」と不安な気持ちになります。「私のせい? 私が何か気に障ることをした?」という具合に相手が音信不通にした原因を自分のせいだと考えていきます。原因を深く考えれば考えるほど

自分を追い詰めていき、やがて女性自身も心が折れていきます。

人の気持ちは誰にもわかりません。とくに精神的に弱い人の気持ちはとても繊細で神経質なので、そのナーバスな気持ちを理解する方が無理な話なのです。

そんなことに時間を費やすよりヽあなた自身をしっかりさせることが先決です・うろたえるより、冷静になることです。

冷静になれば、相手のネガティブな気持ちに感情移入することはありません。相手のマイナス思考に同化することもありません。相手のネガティブスパイラルにあなた
自身が巻き込まれないことです。

愛は波動でつながっています・片方が落ちてヽもう片方も落ちたらふたりは奈落の底に落ちます。そうなったらふたりの愛は修復されません・片方が落ちたらヽもう片方は落ちないことです・落ちない自分をつくるヽこれが先なのです。

精神的に弱い男性との交際では、「彼に合わせてネガティブになるよhヱ目分をしっかりさせること」にポイントを置きましょう。

精神的に強い自分をつくるのは並大抵のことではないことはわかっています。わかってはいますが、つくろうと思えばつくれるものです。

彼のわけのわからない音信不通に悩んでいる時間をすべて、心を強くする時間に充てればつくれるはずです。悩みを増幅するのはヽそのことばかりを朝から晩まで考えているからです。そんなことをしても問題は何ひとつ解決しません。

あなた自身を正しい方向に軌道修正できたらヽ彼を自分の正しい世界に引っ張り込むことです・その作業はとても根気のいる作業ですが、信念があれば成せます。

あなたは彼が落ちても自分は落ちないと決めヽ冷静に彼を見守り、あとは彼が必要とするまで待つという信念を持つのです。

待つことで信念は育ちます・忍耐によって信念ができた大は、、もうマイナスな発想を持ちません。

「このままでは自然消滅になってしまう?」「他の女性のところに行ってしまう?」というようなマイナス思考は持ちません。

チャンスは必ず来ると信じているからです。

そこまで信念が育てば、彼は必ずあなたの手助けを必要とするでしょう。それをあなたは女性らしく優しく受け入れてあげればいいのです。

間違っても責めたりしないように、精神的に弱い人は、ちょっと責められたりするとすぐに殼に閉じこもり、音信不通にするクセがあります。ぶれない心で、こちらが決めた正しい方向で根気よく続けて、彼をこちらの世界へ引っ張り込むことです。

 

7 8月

男性の最初の目的は体

男性が女性と付き合う第1の目的はなんでしょうか?

それは性欲です。性欲の目的は頂上に上ること。頂上に上れば、あとは下るだけです。すぐ体を許す女性は、頂上を征服する過程がない山と同じ。味気ない山(女性)となるだけです。そして、メールのやり取りだけで親しくなった関係は、こうしたパターンに陥りやすいと言えます。

メールは使い方によってはとても危険なツールです。

コミュニケーションを主体とする女性にとって、メールは熱意と愛情が伝わる道具になります。女性が相手のメールの言葉に酔いしれ、自分が思っていることを伝え、相手の考えにも同感しているうちに、ふたりは意気投合してきます。

そして、「ここまで自分と合う人はいない」と運命まで感じてしまう。愛の確認はすでにメールでできているので、会った初日に体を許してしまうというケースがあります。

けれども、その流れはすぐに恋が終わる現象を招きます。メールで愛の確認をした関係は、バーチャルなもので、リアル(本物)にはなりえません。

とりわけ男性からすれば、途中過程の努力のない頂上征服と同じ。味気ないものになってしまうのです。

男性はそれでいいのかもしれません。けれども女性は違います。女性は一度情が入るとあきらめることができなくなるものです。男性が山を下りていく一方で、女性は、相手のことが本気で好きになってしまう。山を下りる男性とそれを悲しむ女性の構図は、見ていて哀れで仕方ありません。

ですから、10回デートしたらキスまで。20回デートしたら体を許す。そのくらいの作戦でいきましょう。10回のデートは週1回としても3ヶ月近くかかるし、20回のデートは半年ほどかかります。半年かけて女性という山を征服した方が、男性は女性を一生大事にします。

その作戦を実行する過程で、目的をなかなか達成できない相手が、次第に冷たくなることもあるでしょう。そんな相手は単なる偽物。恐れずにサヨナラしていいのです。

あなたの目的は、半年かけて相手が本物かどうかを見極めることにあります。

男性の目的はすぐに体、女性の目的は相手が本物かどうか見極めること。男の目的と女の目的のどちらが勝つのか? それはあなた次第です。